何が違うんだ!?と思ったアナタ、↑をポチしてから↓へ!!!




スーツを買うとき、店員さんに

「パンツの裾はシングルですか?
ダブルにしますか?」



と訊かれますよね。


ダブルにする時、またまた店員さんから


「糸留めとスナップ、どちらにしますか?」


と聞かれると思いますが、
どちらにしていますか?


私は、お客様の強い要望がない限り
(今まで一人もいませんが・・・)
糸留めでお願いしています


スナップ留めは、溜まったごみや
ほこりを取り除きやすいように、
日本人が考えたものと思われます。


作業用のパンツでしたら、いいと
思いますが、スーツのパンツでは
おすすめできません。



スナップ留めしたところが浮くため、
折り返し部分すべてが浮きます。

そして、スナップのある4か所
(パンツの左右の裾2か所ずつ)が
ポコッと膨らみます。

上から見るとスナップがキラキラと
光り、あまりスマートではありません。



年に数回ごみやほこりを取るためだけに、
スナップ留めをするのであれば、
魅力半減で何とももったいない
です。


モテ男は糸留めにしているのか―と
思ったアナタ!
モテ男はもう少し考えています。


糸留めでもいいですが、
中縫いというのがあります
(店員さんでも知らない人がいます)。
折り返しの中の方を手まつりする
方法
です。
その方が、ダブルの折り返しが
ずれることなく落ち着き、きれいなまま
履き通すことができる
のです。


次回、スーツを買うときは、
店員さんに
「中縫いでお願いします」
と言ってみてくださいね。