そーだそーだ!と思ったら ↑ をポチッとお願いします♪

いただきますpart2

 


『いただきます』『ごちそうさまでした』
のお話を以前しましたが、
まだ読んでいない方はぜひこちらから


今回は、『いただきます』を言うときに
ぜひ一度イメージしてほしいこと
についてお話しします。


食事の時間になると、
食卓に料理が並べられ、
席に座り、
手を合わせ、


『いただきます』


この時、
目の前に並べられた食材について
考えてみましょう。


例えば、みんなが大好きなカレー。
(嫌いな方いましたら、ごめんなさい!)


カレーには玉ねぎが必需品ですね。
その玉ねぎは、
さっきまで丸い形をしていましたが、
包丁で切り食べやすい形として
今の形になりました。


そんな丸かった玉ねぎは購入前、
スーパーの棚に並べられていました。


そして、その前は
トラックでスーパーに運ばれました。


…その前は市場に並んでいました。


…その前は箱づめされました。


…その前は収穫されました。


…その前は土に種(苗)として
植えられました。


と、さかのぼることが出来ます。




その間スーパーのスタッフ運転手
商人農家とたくさんの人が
かかわってきました。




そんなたくさんの人に生かされた
玉ねぎを今から食べるのです。



どんなお味がしましたか?


今まで、カレーのサブキャラ
だった玉ねぎが、
とっても価値のある存在
見えてきませんか?


他の全ての食材も同じです。
個々にストーリーがあるのです!


そんなストーリーをイメージし、
価値ある食材を身体に
取り入れるという豊かな食事を
してみてはいかがでしょうか。


同じ内容の食事でも、
栄養があると思いながら食べるのと
太ると思って食べるのでは
後々体型が変わってきますよ♪